代表メッセージ

”WILL(意思、意志)が WILL(未来)を創る!”

Kスカイは、航空業界の一員として関西国際空港においてお客様のご搭乗手続き、ご到着のお手伝い等の事業をしています。現在約480名の社員が毎日JAL様、外国航空会社様の業務を行っています。

航空業界は世の中の動きに大きく影響されがちです。日本、世界の経済状況、国と国との関係、疫病、自然災害等、人間の活動に関わるもの、人間の生活に影響を与えるもの全てに敏感に反応します。一方では、どんなにITが進歩しようと、人間と人間の直接的な交流、物と物との流れは留まることはありません。将来に渡って有望な業界でもあります。

そのような環境下、Kスカイは会社創立以来22年、JALグループ様から鴻池グループに変わる等一歩一歩歴史を刻んできました。この移り変わりの中で、Kスカイが常に大切にしてきたものがあります。空港でお客様にサービスすることが大好きで、「お客様の喜びは自分たちの喜び」と感じられる社員がたくさんいること。もうひとつは、自分の人生を自分の力で切り開いていく、私たちの会社は私たちが創っていく、という強い意志を持った社員がたくさんいること。このふたつがあってこそ、お客様(Kスカイにとっては、航空機にご搭乗されるお客様と、航空会社様の両方を意味します)から愛され、Kスカイを選んでいただけると確信しています。これからも、このふたつを変わることなく大切にしていきます。

また、現在、社員の大多数は女性で、うち約20名の女性社員が育児休職を取っています。既に何人もの社員が育児休職から復帰し、活き活きと元気に活躍しています。女性の細やかな感性が空港におけるサービスにとって不可欠と考えています。そのためには、結婚、出産、育児とライフサイクルに合った働き方の検討を行う等、長く働くことができる会社を目指しています。

Kスカイは、お客様に愛され、社員の幸福につながるよう、今後とも種々の課題に、役員、社員一丸となって立ち向かい、進んでまいります。

代表取締役社長   榎本 新也