石井里佳 - 旅客グループJALチーム 国内線担当

所属歴
2011年4月入社
国内線配属
2013年4月
国内線でのチーム異動、現在に至る

現在の業務内容、普段心掛けていること

主に国内線での搭乗手続き業務やラウンジ業務などを担当しています。空港ではお客さまから求められるサービスレベルが高いため、常にアンテナを張ってお客さまを観察し、俊敏に対応するよう努めています。イレギュラー等でお客さまにご迷惑をおかけしてしまうことも多々ありますが、一生懸命接することで、感謝のお言葉をいただくことがあります。そのお言葉が私の日々の励みになります。入社前は常に楽しくて華やかな世界を想像しておりましたが、精神的にも体力的にも厳しい仕事でした。ですが、それ以上に成長できる自分がいて、自分に向いている仕事だと日々感じています。

お客さまとのエピソード

混雑のため長時間お待たせしてしまったお客さまからご意見をいただくことがありました。またお客さまはご希望便の予約が取れずお困りでいらっしゃったので、少しでもお客さまの気持ちにお応えしたいという気持ちから、ご希望の行先の便をすべて調べました。すると、幸運なことに1席空席があり、予約することができました。対応している際にオススメのレストランをご紹介したところ、お客さまはお仕事中に立ち寄ってくださり、後日メッセージカードと、お土産までいただきました。

この仕事のやりがい

昨年、JALのサービスコンテストに出場しました。サービスコンテストでは接客のロールプレイとアナウンス(日本語・英語)の審査があり、全国のJALのグランドスタッフで競い合います。コンテストではファイナリストに選んでいただき、サービスアドバイザーの称号をいただきました。普段の接客が評価されたこのコンテストのおかげで、2年間どんな時もお客さま第一に働いてきた自分の成長を実感できた瞬間でした。この仕事は私にとって天職です。

石井里佳さん

わたしがKスカイを選んだ理由

カナダでJALのグランドスタッフのインターンシップをした際にこの仕事に就きたいという気持ちになりました。また、3度の留学で関西空港を利用していたので、関西空港に立つといつでもあの時のわくわくする気持ち、未来への期待感、少しの不安が蘇ってきます。その新鮮な気持ちが初心を忘れないようにさせてくれます。関西空港は私にとって未来への第一歩を見守ってくれた大切な場所です。

とある早番の日

02:30
起床
03:45
まだ暗いけど出発!
05:15
仕事開始 国内線カウンターへ
10:00
先輩・後輩と昼食
11:00
カウンターでチェックイン開始
14:00
仕事終了
15:00
ゴルフスクールでレッスン
18:00
帰宅
19:00
家族と夕食
21:00
就寝
石井里佳さん
石井里佳さん

休日の過ごし方

最近アナウンススクールに通い始めました。普段ゲートでアナウンスをする際、確実な情報をわかりやすく綺麗な声でお客さまにお伝えしたいと思ったからです。また、話し方だけでなく、腹式呼吸を学ぶことで姿勢も良くなった気がします。

石井里佳さん

最近の旅行

大分の竹田と熊本の阿蘇に旅行しました。 大分の竹田市で開催されたダイニングアウトというイベントに参加しました。ダイニングアウトとは、日本のどこかで数日だけオープンする野外レストランです。時代を代表する料理人やクリエイターが腕を振るい、その土地で育まれた食材と感覚を吹き込んだ料理を味わえます。普段では味わえない雰囲気、竹田市の文化、DRUMTAOのパフォーマンス、次回はどの場所で開催されるのかとても楽しみです。