KIX NEWS! -関空から元気を発信する-

関西の空の玄関口として開港し、23年目を迎えた関西国際空港。これまでの間には、一時は米国同時多発テロやリーマンショック等で就航便数が激減し、オープンの活気はどこへやら・・・。 少し元気のない時期もありました。しかし、第2ターミナルが完成して多くのLCCが就航すると共に、アジアからのお客様が増え、なんと2016年度の総発着回数は過去最高となる178,451回を記録。旅客数は国内・国際合わせて2500万人超、中でも外国人旅客数は過去最高の1,242万人に達しました。また空港のあちらこちらでリニューアルが行われ、現在、関空は開港以来の盛況ぶりで、毎日たくさんの人々が行き交う活気あふれる場所となっているのです!

今後もアジア・中国経済の高成長により更なる航空需要が見込まれ、各航空会社とも新規就航や増便が予想されると共に、まだまだ伸びるLCCのために第3ターミナルの建設も予定されています。また、2020年には東京オリンピックが予定されており、多くの海外からのお客様が、東京だけでなく関西にもお越しになられることでしょう。このように、関空にはますます元気になる要素がたくさんあります! その中で日本航空の掲げる世界NO.1のサービスを実践するKスカイ。どうすればお客様に寄り添うサービスが出来るのか。高いサービスと品質を維持するには何をすれば良いのか。社員一同みんなで考えながら、元気を発信し続けています!