旅客グループ(大山美和)のキャリア例

入社1年目 国内線で搭乗手続きやゲート業務を担当

入社後は搭乗手続き業務からスタートし、搭乗口業務、発券業務とOJTが進んでいきました。毎日毎日、教科書や資料を見直し、先輩・同期から学んでいました。

4年目 社員会メンバーになり他空港との繋がりができるなど業務の幅が広がる

社員会とは、社員が働きやすい職場を作るために活動する会です。会社代表として全国会議に参加することもあり、他空港の方と意見を交換する機会が増えました。

~9年目 インチャージ業務など徐々に責任も重くなる

所属するグループのコーディネーターとしてインチャージ業務を任されるようになり、自分の裁量で判断するスキルとリーダーシップが求められました。

10年目 国際線カウンター業務へ異動

新入社員同様、JAL便や外国航空会社便の搭乗手続きを一から担当しました。その後、マネジャーの補佐役として全ての搭乗手続きカウンターを管理運営する責任者を経験しました。

13年目 マネジャーへ昇格し、3年ぶりに古巣である国内線業務へ異動

日々の業務が軌道に乗るよう指揮する立場です。管理職になっても、カウンターで搭乗手続きや発券を行っていますが、以前とは違い、部下をフォローできるような深い知識と見識が必要です。

現在 マネジャー2年目。より良いチーム作りを目指す

チームの目標を立て、部下に役割を振り分け、仕事内容の改善を図る等、マネジャー業は多岐に渡ります。自分もチームも会社も昨年より前進し、発展できるように全力でチャレンジ中です。

大山美和

今の仕事のやりがい

飛行機は365日運航しますが、台風や雪の日は大きな影響を受けてしまいます。混乱した状況の中、いかに冷静になってお客さまにとって最善の選択をするかが重要です。チームで力を合わせて混乱を最小限にし、お客さまを安心・安全にお見送りできた時は最大の達成感を感じることができます。

Kスカイ社員の他空港への応援出張実績(2012年以降)

  • トロント空港、モントリオール空港(カナダ)
  • ドモジェドヴォ空港(ロシア)
  • シンガポール・チャンギ空港(シンガポール)
  • パラオ空港(パラオ)
  • グアム空港(アメリカ)
  • 成田空港、那覇空港
  • ほか