CAREER STEP

正社員登用制度

準社員
原則として入社2年後に、本人希望と評価(適性・勤怠実績等)の結果、正社員登用となります。
Kスタッフ
会社が正社員または準社員の登用を募集した際に、経験・能力を踏まえ、社内審査の結果 登用されます(希望者のみ)

登用条件

  • 業務適正・能力
  • 社内評価基準を満たしていること
正社員登用とその後の流れ

研修制度

OJTの様子

入社後、Kスカイおよび日本航空の研修を受け、社会人としての心構えや接客、業務上必要な知識を学びます。その後、配属先の現場ではOJT(オンザジョブトレーニング)があり、先輩から一定の期間1対1で実際の業務を学びます。

階層研修

昇格の機会に、会社内での役割意識をきちんと社員が理解し、個々の力を発揮してもらうことを目的として行っています。日々忙しく仕事をしていると、自分自身のキャリアについて真剣に考えるタイミングがあまりありません。階層研修は、いったん立ち止まって、自身のキャリアについてしっかりと考える機会であり、更なる成長を促す社員の研修です。

両立支援制度

Kスカイは、社員の9割が女性の会社です。仕事と子育て、または介護の両立を支援し、仕事を続けられる環境を整える取り組みをしております。この取り組みは、Kスカイが目指す「長く働ける会社作り」の一環でもあります。例えば、育児休職から復帰したお母さん社員は、お子様が小学3年生になるまで、早番だけの勤務や短時間勤務で働くことができます。長い目でみたときに、その支援期間を経た社員も、将来「私たちの会社」を支える人財として活躍いただくことをKスカイは期待しています。

スタッフトラベル制度

研修制度の一環として、日本航空の国内線搭乗研修制度があります。社員が日本航空のサービス等を学ぶことを目的とし、入社から一定期間後にJAL国内線の無償搭乗資格(年に数回)が付与されます。

TOEIC団体受験

Kスカイの業務に英語は欠かせません。社員の英語学習をサポートするため、年に数回TOEIC団体受験(TOEIC IPテスト)を実施しており、通常より安い料金で受験出来ます。